不妊とダイエットの関係

不妊の原因はその体型にあり

肥満が不妊や生理不順の原因

結婚するとすぐに妊娠する方と、なかなか赤ちゃんがやってこない方がいます。不妊の原因は色々考えられます。もちろん、女性側だけにそれがあるわけではありませんが、女性側に考えられる原因はいくつかあります。例えば、排卵障害です。これは、排卵ができていなかったり、排卵できていても卵子に異常があったり、卵子にも精子にも何ら問題がなくても受精できないといった障害です。不妊治療を行う前にこのサイトをご覧ください。

太っていると妊娠できないというわけではありませんが、妊娠しにくくなる方がいるのは事実です。肥満の方は、血中インスリン濃度が高くなることも多く、これが原因で排卵機能を低くしてしまうこともあります。また、体脂肪が多いと卵巣内にある男性ホルモンの量を増やしてしまう為、排卵が起こりにくくなってしまうのです。このように、肥満は排卵障害になりやすく不妊になりやすいのです。それに、太っていると生理不順が起こりやすくなります。

また、肥満のまま妊娠した場合、妊娠中も気になることがあります。産道に脂肪がついてしまう為、難産になりやすいのです。このような理由もあって、妊婦は妊娠する前の体型に関係なく、医師から体重管理についてうるさく指摘されるのです。分厚い脂肪がついていれば、もし帝王切開になった場合も傷がなかなか治らず合併症のリスクも上がってしまいます。

また、痩せすぎも不妊の原因になります。過度なダイエットで、ホルモンバランスを崩してしまう方は少なくありません。無理なダイエットをした為に、生理が止まったなどといった話しもよく聞きます。それに、無排卵になりやすいので過度なダイエットは禁物なのです。痩せたい願望が強い女性は少なくありません。しかし、将来このような問題が発生しないように、自分の体は大切にしなければなりません。